07-01-17

いよいよ佳境に入ってきました

新年あけましておめでとうございます。
時代MAP編集部の山脇です。
今回は、2007年度一本目の時代MAP「奈良 平城京編」の進行状況をお伝えしたいと思います。
時代MAP奈良の発売は2月下旬です!まさに編集作業は佳境を迎えつつあります。
手配していた写真や図版もほぼ揃い、文章が組み込まれ、全体図は概ね完成といったところです。
シリーズ自慢の2種の地図(歴史地図&現代地図)もほぼ仕上がりです。
今回の歴史地図は坊条制を取り入れた平城京のもの。
現在の奈良町は、平城京の坊条が今も残っていますので、町歩きするとなかなか面白いですよ。
個人的には当時の高貴な方々が所有していた土地の広さはびっくりでした。
読み物は大和政権成立から藤原京、平城京の遷都に至るまでの物語。
古代王権の誕生から律令国家の形成、都の造営など、日本創生の足跡を辿ります。
朝廷の覇権をめぐる血塗られた政権抗争史をはじめ、皇族、貴族、庶民など当時の人々の暮らしぶり、宮廷(役所)でのお仕事、はては当時のトイレ事情まで時代MAPならではの切り口がてんこ盛りです。
これからデータ出稿まで、地図、本文、図版など細かい考証・修正を幾度も重ねていきます。
編集部一同の戦いが始まりますが、本屋さんに並ぶ日を思い、気合を入れ直して頑張っていきたいと思います。
あともう一つ、昨年末、急遽決定した時代MAP重大ニュース・・・はまた徐々にお伝えしていきますね。
それでは、皆様本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
以上編集部の山脇がお届けしました。

17:20 | コメント (0) | トラックバック (0)