2012/03/29

「JIDAI MAP MEETING  相当な男・小野篁にまつわるエピソード (第190回 平安ミステリー小野篁 より)」

平安ミステリーな話題が続いておりますが、この度のトークテーマは小野篁(おののたかむら)さん。
平安時代初期の官僚にして学者・文人と非常に優秀な方で、スーパーエリートが選ばれる遣唐使(副使)に任命されるほどの人物でした。(が、病気と称して乗船を拒否。その後罪人として島流しに処せられますが、優秀なので再び呼び戻されてカムバック……こ、これは…相当な人物です・笑)

そんな小野篁さんですが、昼の顔と夜の顔は違っていました。
何とも意味深ですが、昼は高級官僚としてお役所に勤め、夜になると…何と冥府に通い、地獄の閻魔王庁で裁判のお手伝いをしていたそうです。(さすが相当な…)

そんな篁さんが地獄に通うために使っていたのが、六波羅の六道珍皇寺にある井戸です。篁さんは、なんと井戸から冥府に向かい、帰りはかつて化野にあった福生寺の井戸、もしくは千本閻魔堂にあったという井戸をお使いになられていたそうです。

そんな篁さんにまつわる武勇伝……ではなく、お話は調べるともうそれは面白いものが沢山あるのですが、その中でも本日はこちらのエピソードをご紹介したいと思います。

時は小野篁さんの時代からおよそ150年後。紫式部さんの時代になります。
紫式部さん、死後は地獄に落とされた(らしい)ということを皆さんご存知ですか?
罪状は、仏教の五戒の一つ「妄語戒」。
“『源氏物語』という、色恋にまつわるフィクションの物語を書いて人々の心を惑わした…けしからん!”という具合だそうです。

しかし、ここで登場するのが我らが小野篁。
「まあまあ、閻魔大王さま…」(?)ととりなし、間一髪のナイスフォローで紫式部を救ったそうです。

どういった具合でこの伝承が生まれたのかは分かりませんが、現在、紫野にひっそりとこの二人のものといわれるお墓がたっております。

次週は、重大発表!!?
テーマは「我が家の家紋」。

2012年03月29日 13:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/345

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)