2012/01/12

「JIDAI MAP MEETING  京都の皆さん、登らはりましたか? (第179回 東京散歩・題して“ぶらゴルゴ”?“ゴル散歩”?at愛宕神社♪ より)」

2012年最初のJIDAI MAP MEETINGは、“出世の階段”で有名な、東京港区の「愛宕神社」から、おでかけロケの模様をお送りしました。

ロケの様子は、こちら/FM京都 α-station JIDAI MAP MEETINGのブログをご参照くださいませ♪

さて、東京の愛宕神社とは、慶長8年(1603年)に徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られた神社です。標高約26mの小高い山で、昔は眺望の名所だったようですね。

しかし、愛宕神社といえば…京都人からすると、「愛宕さんは、京都の神社でっしゃろ!」と思わず主張したくなるところでは・・・?実際、京都の家では、かなりの確率でこの愛宕さんの火廼要慎の火伏札が台所に貼られています(火伏せ・防火に霊験のある神社のため)。そんなわけで、愛宕神社のある京都の愛宕山は、京都市でおそらく一番メジャーな山。一説では、京都人として生まれてきたからには、皆一度は絶対登っていると言われるくらいで、(といっても私、京都人ですが生まれてこのかた一度も登ったことがないという・・・・・・)我が母校(小学校)の校歌などでもなぜか登場していました。愛宕山からは結構遠かったのですが。

さて、そんな京都人が愛する?愛宕さんにまつわるトリビアをいくつかご紹介します。

・愛宕山に3歳までに参拝すると、一生火事にあわないという言い伝えがある。ゆえに、ほとんどの京都人は愛宕さんに一度は登ってるらしい。
・7月31日の夜~8月1日の早朝までにお参りすると、なんと1000日のお参りした分のご利益があるとか!(千日参り。尋常じゃないほどの登山客でにぎわうそうです)
・標高924mと京都市で一番高く、軽いハイキング気分で行くと痛い目にあうため心してかかったほうがいい(実際、遭難者もでるような山なんですヨ・・・)

探すとまだまだ出てきそうですが・・・。
一度は、私も登ってみなければと思いました。
今週は、東京・愛宕山ロケの第二弾をお届けします!

2012年01月12日 17:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/338

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)