2012/01/19

「JIDAI MAP MEETING  東京・愛宕山神社のよもやま話 (第180回 東京散歩・題して“ぶらゴルゴ”?“ゴル散歩”?at愛宕神社♪ part2 より)」

先週のJIDAI MAP MEETINGは、番組始まって以来の初の東京でのおでかけロケの第二弾。愛宕神社から、歴史のあれやこれやをお届けしました。
ロケ風景の写真満載のレポートは、こちらをご覧くださいませ。はじけてますね~(^O^)/

さて、東京の愛宕神社のある愛宕山は、京都市で一番高い愛宕山(標高924m)に対し、標高26m。でも、東京23区内で一番高い山なんだそうです。
そして、どういうわけかここだけポッコリ唐突に山になっていて、昔からその理由について様々に議論されてきました。
その説のなかの一つに、江戸城のお堀を掘った際に出た土を盛ったものではないかというものがありましたが、地質調査の結果、生粋の自然の山ということが証明されたということです。

この愛宕山、今のように高い建造物が乱立していない頃はとても見はらしのよい場所だったようです。江戸時代から明治時代にかけては、眺望◎の雪月花の名所として愛されていたのだとか。 

そんな愛宕山ですが、さまざまな歴史の出来事と関わりがあります。そのなかで、特に印象に残ったものをご紹介いたします。

<井伊直弼を討った水戸浪士集結の場所だった>
万延元年、3月3日。大老・井伊直弼を水戸浪士が討った歴史の教科書でもおなじみの桜田門外の変で、水戸浪士が集結したのはこの愛宕神社だったそうです。浪士たちは神社内の絵馬堂(現存せず)に集結し、祈願してから歩いて桜田門に向かったとか。

<勝海舟、西郷隆盛の会談で・・・>
世界史上の多くの革命が血と犠牲の上で行われたのに対し、勝海舟と西郷隆盛による江戸城の無血開城は世界に誇れる快挙です。 実はこの愛宕山は、無血開城に大きな役割を果たしていたのです。明治元年、3月13日。両人は家康公ゆかりの当山に登り、江戸の町を見渡しました。そして、どちらから言い出すともなく、
「この江戸の町を戦火で焼失させてしまうのはしのびない」と話し、ともに下山したそうです。そしてその後、無血開城の調印が行われたということです。

次回は、大河ドラマもはじまりました!「平清盛の基礎知識」の第一回目をお届けします。ゲストに、イケメン揃い!「神戸・清盛隊」をゲストにお迎えしますので、乞うご期待下さいませ!

18:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/12

「JIDAI MAP MEETING  京都の皆さん、登らはりましたか? (第179回 東京散歩・題して“ぶらゴルゴ”?“ゴル散歩”?at愛宕神社♪ より)」

2012年最初のJIDAI MAP MEETINGは、“出世の階段”で有名な、東京港区の「愛宕神社」から、おでかけロケの模様をお送りしました。

ロケの様子は、こちら/FM京都 α-station JIDAI MAP MEETINGのブログをご参照くださいませ♪

さて、東京の愛宕神社とは、慶長8年(1603年)に徳川家康の命により江戸の防火の神様として祀られた神社です。標高約26mの小高い山で、昔は眺望の名所だったようですね。

しかし、愛宕神社といえば…京都人からすると、「愛宕さんは、京都の神社でっしゃろ!」と思わず主張したくなるところでは・・・?実際、京都の家では、かなりの確率でこの愛宕さんの火廼要慎の火伏札が台所に貼られています(火伏せ・防火に霊験のある神社のため)。そんなわけで、愛宕神社のある京都の愛宕山は、京都市でおそらく一番メジャーな山。一説では、京都人として生まれてきたからには、皆一度は絶対登っていると言われるくらいで、(といっても私、京都人ですが生まれてこのかた一度も登ったことがないという・・・・・・)我が母校(小学校)の校歌などでもなぜか登場していました。愛宕山からは結構遠かったのですが。

さて、そんな京都人が愛する?愛宕さんにまつわるトリビアをいくつかご紹介します。

・愛宕山に3歳までに参拝すると、一生火事にあわないという言い伝えがある。ゆえに、ほとんどの京都人は愛宕さんに一度は登ってるらしい。
・7月31日の夜~8月1日の早朝までにお参りすると、なんと1000日のお参りした分のご利益があるとか!(千日参り。尋常じゃないほどの登山客でにぎわうそうです)
・標高924mと京都市で一番高く、軽いハイキング気分で行くと痛い目にあうため心してかかったほうがいい(実際、遭難者もでるような山なんですヨ・・・)

探すとまだまだ出てきそうですが・・・。
一度は、私も登ってみなければと思いました。
今週は、東京・愛宕山ロケの第二弾をお届けします!

17:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

「JIDAI MAP MEETING  京都の地名、いくつ読めますか? (第178回 漢字で感じる一時間 より)」

新年あけましておめでとうございます。

2012年を迎えましたね。昨年は震災などで忘れ難い一年になってしまいましたが、今年は皆が上向いていけるよい一年になるといいですね。
本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、年末最後のJIDAI MAP MEETINGはゴルゴさんお得意の「漢字」をテーマにお届けしました。
漢字の始まりから成り立ち、さらにゴルゴさん毎回恒例でお届けしている昨年一年の漢字を振り返る濃厚な一時間。「幸」「友」「助」「祝」「(感)謝」・・・さまざまな漢字が登場しましたが、振り返るとどれも前向きな言葉ですよね^^

さて、新年最初のブログは、漢字にちなんで、「京都のこの地名読めるかな? クイズ」を皆さんにチャレンジ頂ければと思います。

【いくつ読めますか??/答えは下にあります】
①一口 (久御山町)
②正親町 (上京区)
③御室 (右京区)
④雲母坂 (左京区)
⑤花結
⑥苦集滅道 (東山~山科に抜ける道)
⑦坤町 (西京区)
⑧物集女 (向日市)
⑨上蔵町 (左京区)
⑩不明門通 (北は松原通上ルの平等寺門前から、南は京都駅北の塩小路通まで)


【こたえ】
①一口 (いもあらい) 
②正親町 (おうぎちょう)
③御室 (おむろ)
④雲母坂 (きららざか)
⑤花結 (はなからげ)
⑥苦集滅道 (くずめじ)
⑦坤町 (ひつじさるちょう)
⑧物集女 (もずめ)
⑨上蔵町 (あぐらちょう) 
⑩不明門通 (あけずどおり)

「いもあらい」や「きららざか」なんて、知ってないと確実に読めませんよね(笑)
ちなみに、③の御室は京都の有名な企業「OMRON」の本社があった地で、同社の名前はここにちなんで名づけられたそうですよ♪

本日は、2012年第一回目の放送で、テーマは「関西の皆さんにオススメの東京歴史観光スポット」として、東京・愛宕神社からおでかけロケの模様をお届けします!

αステーション 89.4MHz、本日夜21:00 ON OIR 「JIDAI MAP MAATING」。
乞う、ご期待下さい♪

12:35 | コメント (0) | トラックバック (0)