2011/02/28

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】~全4週で放送~戦国時代の基礎知識part1!

相変わらず戦国時代がアツいですね。NHK大河ドラマ「お江」も戦国時代のあたりを放送してますね。展開がメルヘンすぎる、という声もあるようですが、今のところ毎週かなり楽しみに見ています。トヨエツの織田信長とか・・・時任三郎さんの浅井長政とか・・・萩原正人さんの石田三成とか・・・笑
先週は、大地康雄さんの柴田勝家にキャッ/(>ω<)/となっていました。父上!

そんなブームに乗るように?JIDAIMAP MEETINGでは、4週にわたり「戦国時代の基礎知識」シリーズを放送中!戦国時代の始まりから、信長、秀吉、家康の時代までを辿っていきます。この放送を聴いて戦国時代の流れを掴んで、2011年の戦国ブームをお楽しみください!

さて、基礎知識part1は、戦国時代のはじまりから、織田信長の登場までをざざっと辿っております。応仁の乱の後、統治力を失っていった中央政権(室町幕府)。長年の動乱で組織は弱体化し、全国で下のものが上のものに取って代わる下克上がはじまります。下克上を仕掛けた彼らの多くは、守護代とよばれる地域の実質的な統治者たち。この頃の支配システムは、室町幕府から派遣された守護大名が任国統治のトップで、その下に守護代がおったのですが、基本的に守護大名は在京だったために、自分たちの代わりに守護代に土地を守らせていたのです。彼らの間に起こった下克上は、(飛躍しすぎかもですが)今風に言うと、大手企業の全国にある支社の全員が、いきなり別会社を作って独立しちゃった…みたいな感じでしょうか。

そして、実力で守護大名から権力を奪取した守護代たちは、戦国武将となってそれぞれの国を自分たちの法のもとで治め始めます。要するに、この頃の日本には、国家がたくさんあったということです。
ちなみに日本初の戦国武将は、関東から現れた「北条早雲」という人です。その後、武田信玄上杉謙信斉藤道三毛利元就など有名人がどどどっと現れあちらこちらでエイヤソイヤと戦いを繰り広げていきます。

そんなこんなで始まった全国に群雄が割拠し、争いを繰り広げる戦国時代は半世紀ほど続いたところで、ある一つの転機を迎えます。

それが、鉄砲の伝来。そして、織田信長の登場
鉄砲は、これまでの戦争のやり方をがらりと変化させ、国のあり方にも変化を導きました。そんな鉄砲を、うまく導入してメキメキ頭角を現したのが織田信長です。
次週は中世社会をぶっ壊し、近世の扉を開いた織田信長を中心に、戦国時代をたどっていきます!

2011年02月28日 19:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/306

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)