2010/11/17

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】実は龍馬よりも先を行く男だった?中岡慎太郎

大河ドラマも佳境に入ってきました!
もうすぐ、龍馬伝も最終回を迎えますが、そのクライマックスを龍馬とともに飾る人物といえば、先週と今週のトークテーマで取り上げている中岡慎太郎さんです。ちょっと前まで、中岡さんは名前はよく聞いてましたけど、実際どんなことをしていたのか??っていのうは、以外に知られてなかったんですよね。ぶっちゃけ、研究している人が少なかったというか…今では、龍馬さんのほうが著名ですが、幕末当時は中岡さんのほうが有名だったという説があります。

さて、先週まではそんな中岡さんの幼少時代から、我らが(??)武市先生に弟子入りし、土佐勤皇党として働くも、お尋ね者となり長州に逃れ、長州藩とともに行動をして尊攘運動に奔走するも諸外国にボコられ、あれやこれやわが身をもって体験するうちに、薩長同盟の思想にたどり着く…までをご紹介しました。

薩長同盟といえば、いわば犬猿の仲である薩摩と長州に手を結ばせるという前代未聞の取り組みですが、これには龍馬の功績が大きく取り上げられていますが、実は先に着想したのは、中岡さんとも言われているんですよね。先に行動に移していたのも中岡さん。

この、龍馬さんと中岡さんというコンビは面白くて、龍馬さんはパフォーマンスに長けた社長タイプ、中岡さんは実務実行…行動できるブレーン?タイプで、2人一緒に動くと最強のコンビだったようです。現代で、この二人がともにビジネスをしていたらどんな感じだったんでしょうね…すごく気になります・笑

さて、そんな中岡さんを、編集長いわく「中岡は賢く、先を見据える力があったのでしょう。薩長同盟で奔走する中、同士のために自身の考えをまとめた『時勢論』という本を書いています。〝今から後、国を盛んにするのは、必ず薩摩と長州である。天下が近日のうちに、この2藩の命に従うようになるのは、それはちょうど鏡にかけて見るようなものである〟と早くも王政復古後(新政府成立)の薩長藩閥政権を自信をもって断言している…」とコメントしていました。

中岡さんの薩長同盟に共鳴した龍馬さん。2人は共通の目的に向かって動き出します。
どんな風にか…といえば、ひたすら長州の桂小五郎や薩摩の西郷隆盛らの説得に奔走。(まるで新規開拓の営業マンみたいですね・笑)
さまざまな障害を乗り越え、同盟に向けて粘り強く努力を続けた2人。悲願の薩長同盟が成立するのは慶応2年(1866)、亀山社中の介入などで仕切り直しをした後のことでした。その後は、龍馬さんがリーダーの海援隊(貿易商社のようなもの)、中岡さんがリーダーの陸援隊(軍隊のようなもの)の結成を経て、その後もいろいろな活動があり、やがて大政奉還(慶応3<1867>年10月15日)が実現。この大政奉還も、実は薩長同盟の成立後に、龍馬さんよりも先に中岡さんが説いているらしいです。

ちなみに中岡さんは、先々を予言する『窃(ひそか)に示す知己論(ちきのろん)』というものを書いている(1866年10月)そうですけど、内心思っていたのですが、この時、国事にあれやこれや動いている(在野の人々含め)人々は、自身の思うところや思想などを、よく書にしたためていますよね。うん、なんか内心思っていたんですが。。。

さて、大政奉還が成立したその1ヵ月後(11月15日)に、2人は凶刀に倒れます。京都の霊山護国(りょうぜんごこく)神社には、龍馬と中岡のお墓が、並んで建てられており、龍馬の命日には大勢の人が訪れるそうです。中岡慎太郎の命日は17日でした。享年30歳。

ちなみに、中岡慎太郎と坂本龍馬、2人は実際、仲が良かったのですか…?とのビビるさんのご質問ですが、編集長いわく、『龍馬は中岡の事を「私同様の人」と乙女宛ての手紙に書いており、同志として非常に信頼を寄せていた』とのことでした。

来週は、高杉晋作をお送りします!

2010年11月17日 10:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/299

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)