2010/10/06

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】佐賀藩、幕末のプロジェクトX②

10月に入ってのJIDAIMAP MEETINGの一発目は、「佐賀藩Part2」!結構、マニアックなテーマやし、大丈夫かな~~??と少し心配しておりましたが、リスナーさんから、「佐賀藩面白かったです!」というご感想をいくつか頂き、大変心強く、ほっといたしました。ありがとうございます^^

そして、我らがビビる大木さん9月29日に、お誕生日を迎えられました!36歳・・・男性は、めっきり素敵になられるお年ごろですよね。ますます、トークに切れも加わり、今後のさらなるご活躍を心よりご期待申し上げます!

さて、佐賀藩Part2のおさらいに早速参りましょう。先週のおさらいも含みますが、幕末の佐賀藩の特徴は、ペリーの来航で、日本中が尊王攘夷論で混乱する中、他藩との交流を断ち科学技術の発展に力を入れてきたと・・・藩主・鍋島閑叟(かんそう)の先を見据えた政策で、佐賀藩は、世界に後れをとっていた大砲蒸気船などをいち早く作り、後の日本の近代化に貢献。因みに、佐賀藩は、なんと黒船来航の2年後に、蒸気機関車と蒸気船の模型(実用化のためのひな形)製作に成功しています。

-----------------------------------------------------------------------------
幕府・大砲200門を注文!
-----------------------------------------------------------------------------
水面下で技術力を磨き、表向きには目立った活躍をしていなかった佐賀藩ですが、ペリー来航からにわかにスポットライトを浴びはじめます。諸外国の脅威を理解した幕府は、佐賀藩に鉄製大砲200門を大至急納品するように依頼。佐賀藩は50門を大急ぎで納品する事を約束し、幕府は数万両を佐賀藩に支払いました。佐賀藩は、ペリー来航前から鉄製の大砲を手がける唯一の藩だったというわけで、進んでいると見られた薩摩藩や水戸藩でさえ、青銅砲の試作が関の山。技術的に難しい鉄製には歯が立たなかったから、白羽の矢が佐賀藩に立ったというわけです。

-----------------------------------------------------------------------------
有名な“あの場所”に設置されました
-----------------------------------------------------------------------------
幕府は、発注した大砲を品川港などに設置。因みに、大砲を設置する場所のことを“台場”といいますが、この時に江戸を外国から守るため大砲が置かれた場所が、現在も「お台場」という地名で東京にそのまま残っているというわけです。これがきっかけで佐賀藩は、軍需バブル・・・諸藩からも注文や技術伝習の依頼が殺到!

-----------------------------------------------------------------------------
長崎海軍操練所~初の海軍創設へ
-----------------------------------------------------------------------------
続いては、長崎海軍操練所のお話に。諸外国の脅威を知った幕府は、これはいかん!ということで海防力を高めようと、日本発の海軍学校ともいえる、長崎海軍操練所を設置。幕府からは、勝海舟や榎本武揚など計40人が、佐賀藩からは佐野常民ら幕府を上回る数の48人が参加しました。ここでの5年間で佐賀藩は、様々な技術を習得。日本初の海軍・鍋島海軍を創ります。鍋島海軍は、オランダ・イギリスから入手した軍艦の他、国産初の蒸気船「凌風丸」も建造、その陣容は幕府海軍に匹敵するほどのものだったそうです。

-----------------------------------------------------------------------------
佐賀藩の、気になるその後の動きとは?
-----------------------------------------------------------------------------
混沌とした国内情勢のなか、幕府と薩長という敵対する双方から味方に付くよう要請された佐賀藩。しかし、国政に関してはどちらにも応じず、藩内部の増強にひたすら心血を注ぎます。藩主・閑叟が藩としての方向性を明確にしたのは、江戸の無血開城の後、鳥羽伏見の戦いで幕府が敗れてから。鳥羽伏見の戦いのあと、京都に登った閑叟を長州の桂小五郎が嵐山で接待し、薩長側に付くように要請した。それに対して、閑叟は、司馬遼太郎の表現によると煙管でも貸すような口調で、『使え』といったそうです。つまり、佐賀藩の開発した最新式の武器=軍事力を“使え”という事で、この一言が、明治維新の成否を決したとも・・・

-----------------------------------------------------------------------------
明治政府に登用された佐賀藩の人々
-----------------------------------------------------------------------------
最後の大一番で活躍をした佐賀藩は、明治時代になると、多くの人材が政府に登用されました。外務卿(外務大臣)副島(そえじま)種臣、司法制度の充実などに尽力した江藤新平、総理大臣に2度就任し、早稲田大学を創立した大隈重信、日本赤十字を創始した佐野常民ら、そうそうたるメンバーです。

番組では、最後に佐野常民について紹介しました。佐賀藩が、ここまでの技術革新を遂げた立役者でもあり、後に赤十字の創立などにも関わる人物です。
佐野常民について、詳しく知りたいかたにお勧めしたいのが、幕末・佐賀藩を熱く描いた高橋克彦さん著の『火城』(かじょう)。
これは、すごく面白いです!もうひとつの幕末史を見るようでした。次週は、『城下町時代MAP 関東編』を記念して、『江戸城下町はじまり物語』をお送りします!

2010年10月06日 10:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/296

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)