2010/08/30

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】勝海舟先生!part2

8月最終週を迎えましたね。相変わらず、暑いっ;;
そんな真夏の夜のヒストリープログラム、トークテーマは勝海舟part2です。第一週では、青年期の極貧エピソードから、出世の糸口をつかみ取るまでの勝先生サクセスストーリーをお届けしました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なんというか、勝先生のエピソード辿りますと、
「チャンスの神様には前髪しかない」という言葉を思い出します。
これは、チャンスをつかみ取るためには、チャンスの神様が自分のほうにトコトコ歩いてきたときに、その前髪をわっしと掴まないといけないということです。つまり、神様が通り過ぎてしまったあとは、掴むことができない。後ろ頭には髪が生えていないために、ツルッもしくは、スカッとなっちゃうというわけです。

さて、勝海舟part2は、そんなチャンス神様の前髪をぐわっし!!!
と掴みあげた勝先生の大立ち回りが素晴らしい、幕末から晩年に注目。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【龍馬の死に関しては、淡々とした反応…】
先週、ご紹介した海軍操練場で熱き心を通わせあった愛弟子、坂本龍馬の死を知った勝先生…。意外なことに、龍馬の死に対する反応というものは残されておらず、聞き及んだ事件の状況を、“淡々”と書き記しているのみなんです。

【江戸を守った大立ち回り】
江戸城開城のエピソードについて…江戸が戦場になることを恐れた勝先生は、新政府軍の西郷隆盛に会見を申し込み、必死の嘆願。その甲斐もあり、江戸城は一滴の血も流すことなく、新政府軍に明け渡されました。この、世界史的にも大変稀な無血革命を成功させるために、勝さんは何重にも布石を置いていたそう。会談前から、西郷さんに手紙をしたため、切実な思いを伝えるほか、徳川家存続の為に大奥=薩摩藩から嫁いだ天璋院こと篤姫の協力を求めます。このあたりは、篤姫を見ていた方々は、印象的なのではないでしょうか?
篤姫は慶喜と仲が悪かったらしいですが、勝先生は、3日かけて篤姫を説得。篤姫も、自分が徳川と、新政府内での有力藩・薩摩藩とを繋ぐパイプ役であり、徳川家の者として行動すべきだと理解、無血開城に尽力したそうです。

【仲良くお出かけするまでの仲に??】
さて、お話は明治維新後。勝先生は、それまで大奥を出た事が無かった篤姫をしばしばお出かけに連れて行ったそうです。連れて行ったのは高級料亭や歓楽街など。篤姫にとっては見る物全てが珍しく、新鮮なものばかり。篤姫は今まで見た事も触れた事も無かった、浴衣、シャツ、蝙蝠(こうもり)傘を愛用したそうです。

【勝先生と慶喜の不思議な関係】
勝先生と徳川慶喜、この2人はお互い似たもの同志で、共に「いけすかん奴だ」と思いあっていたそうです(笑)。しかし、批判し合っているものの、互いを認め合っているというか…この2人の関係は、なんだか面白くて好きです。260年以上続いた江戸幕府を実質的に終わらせたのは、この2人といってもいいかもしれません。

ちなみに、2人は明治維新後も生き残り、晩年には2人は親戚同士になってます。まっこと、運命とは不思議でときにハッピーなものだなあと感じいる八月の夜なのでした。

18:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/19

時代MAPに、待望の新シリーズ『城下町時代MAP』が誕生!

夕暮れが少し早まってきましたが、連日の猛暑日は収まりませんね~^^;
8月下旬から地蔵盆や盆踊り、万灯供養、そして9月からは収穫祭関係のお祭…と、夏の終わりと秋の始まりを感じさせる行事が始まります。
夏から秋にかけての移ろう季節は、夕暮れの空気が深く澄んだブルーになるので、昔から好きなんです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: o○☆*゜¨0・:..


さてさて、先週にも速報として皆さまにお伝えしましたが、幕末の事件現場を追う『時代MAP幕末維新編』を皮切りに、“一都市一時代”の歴史を旅するコンセプトで誕生した『時代MAP』が、“城下町”をテーマにした、新シリーズ『城下町時代MAP』を展開します。第一弾はずばり、“関東編”!!!

↓↓↓新シリーズ『城下町時代MAP 関東編』は8月末頃の発売(予定)☆

簡単ではございますが、そのイントロともいえる、本書の趣旨をご紹介させていただきます。

空前絶後の巨大都市・江戸と、それを取り囲む
ように配置された
宇都宮、川越、水戸、小田原の城下町――。
戦国期の終焉を告げる江戸幕府の開府は、
関東に乱立する城々を、軍事・政治の拠点から、
交通の要所、経済・文化の集積地へと発展させた。
その地理的背景、設計に秘められた意図を
ひも解けば、
歴史舞台で起きた事件、名所のルーツが
立体的に浮かび上がる!

そうです、立体的に浮かび上がるんです!
(と、ある地域の)複数の都市をテーマに取り上げた時、都市と都市との関連性(経済的なことであったり、政治的なことであったり諸々)が見えてくるときがあります。これまで点として見えてたものが、線になって繋がる瞬間というか、そんな発見です。

「そうか!この人とこの人は、こんなところで繋がっていたんだ!」
「○○のために、この土地が選ばれたのは、こんな理由があったんだ!!」

などなどなど……。
これはちょっとした、「アハ体験」(笑)
すっごく、ワクワクする瞬間です。
次回は、そんな、アハ体験のできるかも!!?な、城下町時代MAPの、目次などを紹介していきますね!

新シリーズは、PHP研究所さんより発行です。
光村推古書院さんから発行の、一都市一時代の、おなじみの時代MAPシリーズも、引き続きよろしくお願いいたしますm(_ _)m


↑ズラリと並んだおなじみのシリーズ。だいぶ子沢山になりました(笑)

10:52 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/17

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】おかげ様で放送2周年!! パワースポット・・・?ミイラ・・・?お盆の宵も絶好調☆

お盆もあけましたね~~! 昨日、京都では五山の送り火が行われました。
暦の上では、ボチボチ夏もお開きに向かいますよ~~なことらしいですが、熱帯夜はまだまだ続きそうですね。
皆さん、熱中症対策には、十分お気をつけください!

さてさて、そんなお盆中に放送されたJIDAIMAP MEETINGは、祝☆放送2周年の第2週目をON AIR。テーマは、引き続き『ゲスト様の興味のある歴史テーマ』です。先週は、先陣を切って、Wエンジンのチャンカワイさんが伊賀忍者をリクエスト。
かなりアツく盛り上がりましたが、続きましてのテーマはといえば……

【チャンカワイさん】奈良の大仏の手の謎/話題の明治神宮・加藤清正の井戸
【ゴルゴ松本さん】後醍醐天皇/中尊寺金色堂
【えとう窓口さん】色々学びたいので、ノーテーマ


↑ハイテンションな収録現場へ潜入っ!

これまた、今話題のネタから、マニア心くすぐる話題まで、たまらない感じの1時間です。
加藤清正の井戸待ち受け画面にしている人、沢山いらっしゃいますよね。何でも、今、見学するのに4時間待ちの行列らしいです!!!清正の井戸がある明治神宮自体が、霊峰・富士山から出た気が流れる龍脈(風水で台地の気が流れるルートのこと)の上にあるらしく、清正の井戸は、なかでもとくに気が集まる場所なんだとか。また、中尊寺金色堂といえば、奥州藤原氏4体のミイラが眠るというミステリアスな話もあり……真夏の夜の放送回にぴったりな不思議ネタがもり沢山っ!!!


↑やる気のえとう窓口さん


↑なごみ~~な休憩時間中


次週からは、二週にわたり、勝海舟に迫ります!

19:09 | コメント (1) | トラックバック (0)