2010/04/30

GWにオススメ!城下町・亀岡が戦国絵巻に包まれる「亀岡光秀まつり」

早いもので、今週からゴールデンウィークがはじまりますよっO(≧∇≦)O
今年のGWは、最大で11連休のかたもいらっしゃるようですね。(・0・)!!!
スゴイっ!いいなあ(><)

さて、この連休中のご予定、皆さんすでに立てられましたか? 
ま~だだよ~!な方はもちろん、すでに予定を立てられている方にもご案内したい、編集部オススメのイベントを、今日はご紹介させていただきますね。
それは、5月2日(日)・3日(月・祝)の2日間にわたり、京都の奥座敷・亀岡で開催されるスペクタクルな歴史イベント「亀岡光秀まつり」。城下町亀岡が、戦国絵巻につつまれるワンダフルな2日間です。


亀山城跡を通る、戦国行列。先頭は光秀に扮した方です

麗し女性陣。先頭は春日局

光秀といえば、そう、日本史上もっとも有名な下克上、「本能寺の変」で主君・信長を討った明智光秀です。お祭が開催される亀岡市は、かつてこの光秀ゆかりの“亀山城”というお城があり、そこは戦国時代に、知将・光秀が丹波平定の軍事拠点として築いたものでした。
なんと、光秀たちが「本能寺の変」が起こした本能寺へ出立した地は、ここ亀岡だったのです。こんもり松林が茂る亀山城跡のお膝元には、往時の風情を今なお感じることができる町並みが広がります。

ちなみに当・新創社では、この城下町をテーマに、亀岡城下町散策MAPという、歴史観光パンフレットを以前作らせていただきました。詳細は、こちらへ。

さてさて、話を戻して、「亀岡光秀まつり」はその名の通り、亀岡城主・光秀を偲ぶイベントで、祭りは宵祭(2日)と本祭(3日)からなり、本祭では、甲冑や当時の衣装に身を包んだ武者行列が、城下町亀岡を練り歩きます。光秀はもちろん、正室の煕子、娘の玉子(後の細川ガラシャ)、春日局の姿も見ることができます。

また、今年2010年は、亀岡城築城400年
3日(本祭)の12時45分からは、かつて和歌山で(※)雑賀衆(さいかしゅう)と呼ばれた武装集団の再現演舞で火縄銃の実演をする「紀州雑賀鉄砲衆 火縄銃演武」が行われるそう!
これは絶対みなきゃ!です。

以下、詳細なスケジュールです>>

5/2(日) 宵祭(亀岡楽座)
時間:午後1時~午後8時
場所:北町通り
内容:太鼓演奏、おさだ塾公演(町かどの藝能)、アコースティックバンド演奏☆ほかにも、筑前琵琶の演奏やまちかど紙芝居、屋台など盛りだくさん

5/3(祝) 本祭(明智光秀公武者行列)
時間:午後1時10分
場所:亀岡市役所出発→城下町内を巡行し、午後3時30分頃、南郷公園に到着
その他:12:45~13:00「紀州雑賀鉄砲衆 火縄銃演武」迫力ある伝統の雑賀古流砲術の演武を披露(市役所正面玄関前にて実演)

また、楽市楽座見立てた「亀市亀座」なども開催されるとか。なんだかにぎやかそうで、とっても楽しそうですね!

ちなみに、当城下町の面白いところは、江戸時代から町の区画や主要な道にほとんど変化がないことや、外堀が川に転用されていること。いまも往時の名残を体感できます。

亀岡城下町散策MAP』を携えて散策すれば、城門や武家屋敷跡に現在何があるのかが一目瞭然!現代を歩きながら、江戸の亀山城下町を散策しているような気分になります。
長期連休、お祭と一緒に、いつもとちょっと趣向が違う、歴史観光を楽しんでみてはいかがでしょう?

(※)戦国時代に紀伊国北西部(現在の和歌山市の雑賀崎)一帯の諸荘園に居住した国人・土豪・地侍たちの集団。雑賀党ともいい、「さいが」とも読む。数千丁単位という当時としては相当数の鉄砲で武装し、高い軍事力を持つ傭兵集団としても活躍した。

10:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

今週水曜・木曜日(4/28・29放送)の『とくダネ!』で、『奈良 歴史ロマンを歩く』が紹介されます!!!

大・大・大ニュースです!
今週水曜・木曜日(4月28・29日)のフジテレビの朝の情報番組、皆さまご存知『情報プレゼンゼンターとくダネ!』
(8:00~9:45)
で、平城遷都1300年祭公認ガイドブック 『奈良 歴史ロマンを歩く』が取り上げられます!

毎朝、見ております・・・小倉さんの切れ味鋭い突っ込みを楽しみに・・・!

さてさて、番組内のどのコーナーで紹介されるかといいますと、28日は、書籍の中の文章を引用して、敬愛する小倉さんがお話されます。

さらに、翌29日(木曜)は、人気の特集コーナー「とく撮」内の14分間で紹介されるということで・・・ブログで、ちょこっとだけ内容を紹介させて頂きますね!

ズバリ、番組内の「ゴールデンウィーク直前~奈良の街並み~」という特集。超有名どころから奈良のタウン誌の各雑誌の編集者さんが一同に集まって、奈良の見どころをいろいろトークし、出てきたポイントを番組リポーターが取材しちゃうという!すっごく面白そうな内容デス。

どんな風に紹介されるのか、今からすっごく楽しみドキドキなのですが…。
皆さま、是非とも4月28・29日の朝(8:00~9:45)は、チャンネルをフジテレビに合わせてくださいね!

よろしくお願いいたしますっm(_ _)m

20:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

【JIDAIMAP MEETINGおさらい】90回記念のテーマは吉田松陰先生/スペシャルゲスト・Wエンジン えとう窓口さんが緊急参戦~☆!!!

記念すべき第90回目放送は、ビビル大木さんがリスペクトする吉田松陰先生の話題で熱くなりました。
スペシャルゲストには、皆さんご存知!Wエンジンのえとう窓口さんが緊急参戦~~!!!!!!! 素晴らしい!!!

と、その前で、あっぴ~るしたのは、新創社が企画・編集・制作した平城遷都1300年祭 公認ガイドブック『奈良歴史ロマンを歩く』(発行:三栄書房)発売のニュース!
これは、次回ブログで∑(*゚ェ゚*)お知らせがあるのでお見逃し無く!

松陰先生、話題のあの映画
さて、話題は「吉田松陰先生」を描いた上映中の映画獄に(ひとやに)咲く花から。
作品は、吉田松陰生誕180年記念として制作されたもので、直木賞作家の古川薫(ふるかわかおる)原作の「野山獄相聞抄(のやまごくそうもんしょう)」をもとに創られました(ちなみに、文集文庫から「吉田松陰の恋」と改題されて出版されてます)。現在 名古屋では、“109シネマズ名古屋”“豊川コロナシネマワールド”で上映中。関西では、大阪ですが“シネマート心斎橋”で上映中ですので、ぜひぜひチェックデス!!(京都シネマでは、6月に上映予定)
そんなこんなで「吉田松陰先生 入門編」がはじまりました☆

「獄に(ひとやに)咲く花」内容は?
注目の映画の内容からです!!!舞台は長州藩の牢獄「野山獄」。ペリーが2度目に来航した安政元年1864年、松陰先生は、国外密航を企てた罪で「野山獄」に投獄。その「野山獄」で、女性の囚人と出会います。その女性、高須久の目を通して「野山獄」での日々や淡い恋など松陰先生の晩年が描かれている作品です。吉田松陰と女性って、なんだか、すごく新鮮…。映像が美しそうで、見に行きたいな~と思ってるんですがなかなか行けず、原作を読んでますが、なかなか奥深い内容ですよ!

して、演じ手は?
寅次郎こと吉田松陰を演じるのは、前田倫良(みちよし)(映画“長州ファイブ”出演)。そして松陰先生が恋したと言われる女性、高須久を演じるのは、近衛(このえ)はな(目黒祐樹さんの娘さんです!)。

松陰先生の魅力を探る!!! 超・天才キッズ?
さてさて、ホットな話題から入った松陰先生を語る会!??
引き続いては優れた教育者としての松陰先生をクローズアップ。
松陰先生、グラビアモデルも真っ青なほど、いろんな角度からフォーカスされます。
そもそも、松陰先生は生涯勉学に励んだイメージがありまして、子供の頃のそれこそ5,6歳の頃から農作業をしながら中国の古典『論語』『孟子(もうし)』を学ぶというツワモノぶり。9歳で藩校・明倫館(めいりんかん)に出勤、つまり人に教えていた。11歳の頃には、藩主の前で兵法を講義。やがて19歳のとき、正式の軍学教授となったと・・・。
超・天才キッズですね;;;

明治維新の原動力に
その後、青年期の松陰先生は、日本各地を巡り遊学の旅へ。
その後は、ご存知のように、映画の舞台となった牢獄「野山獄」では囚人たちを集めて講義、また、「松下村塾」では身分に関係なく教育。

それが明治維新の原動力となり、明治新政府に活躍した多くの逸材を育てた。高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋らが通っていたと……
すごくわかりやすく、熱っぽく、松陰先生を語りつくします。

その後は、密航事件、野山獄での生活、松下村塾と、松陰先生の一等濃い部分がどんどんどどど~~んと、紐解かれていきます。

ほんとに、めっちゃ濃密な一時間;;

濃密ついで?に、ラストに、平城遷都1300年祭公認ガイドブック『奈良歴史ロマンを歩く』のリスナープレゼントのお知らせが!!!

コチラは、時代MAPブログのほうでもエントリー受付してますので、ご希望の方は、ぜひともどうぞ!


20:06 | コメント (0) | トラックバック (0)