2008/11/14

【第15回:JIDAI MAP MEETING】2008.11.15/24:00~25:00「栄華を極めた3代将軍・義満からくじ引き将軍まで、個性派揃い!?歴代室町幕府将軍の実態に迫る!」に関するご意見・ご感想・ご質問をお寄せください!

11月の第2回目放送は、いよいよ室町時代が登場!足利尊氏が京都に室町幕府を開いた1336年からスタートしたこの時代、さまざまな日本文化が生まれた華やかな半面、戦国時代が迫る戦乱の世でもありました。どんなマル秘ネタが登場するのか?乞うご期待あれ!

第15回放送(2008.11.14/24:00~25:00)では、以下の内容を取り上げる予定です。※番組内容は予告なしに変更する場合もございます。

φ(^ .^)////////////////////////////////////////////////////////////////////////


本日のお題
栄華を極めたアノ3代将軍から、酔いどれ将軍、
くじ引き将軍まで室町・足利家の歴代将軍ストーリー

本日のMAP
くじ引きで将軍を決めたってホント?
オドロキの出来事の真相とは……


このほか飛び出た!歴史雑学
三代将軍・義満が造営した壮麗なる“花の御所”。
華やかさのワケとは?


などなど、詳細は【JIDAI MAP MEETING】をチェック!

φ(^ .^)////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【JIDAI MAP MEETING】では、番組に関するご意見・ご感想・ご質問、リスナーの皆さんからのさまざまな京都や歴史情報を募集しております。
▼投稿募集例
●放送内容に関するご意見・ご感想・ご質問
●放送内容以外の京都や歴史に関するご質問や情報
●番組で取り上げてほしいテーマ
●自分流、時代MAPの使い方・楽しみ方
●あなたが推理した、歴史的事件の真相
●京都で散策途中、見つけた穴場な名所や史跡 等々
※写真の送付も大歓迎です!
投稿は、当ページのコメントへお書き込みください。main@jidaimap.jp でも受け付けています。写真をお送りいただく場合は、メールにデータ添付のうえ、上記メールアドレスへ送付ください(写真は返却不可)。
★コメント&メール投稿いただく際のご注意★
お名前は、匿名、ペンネームでも構いません。お寄せいただいたご意見・ご感想・ご質問等々の中から、採用情報のみを番組にてご紹介させていただきます。なお、不採用の場合もございます。
採用情報は、当ブログや時代MAP®シリーズで利用させていただく場合もございます。
お問い合わせさせていただく場合もございますため、メールアドレスを必ずご記入ください。
皆さまからいただいたご意見・ご感想などの情報は、当番組やブログ、時代MAPなどの制作・改善に利用させていただきます。

2008年11月14日 11:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/172

コメント

先週の放送を聴いて思い出したのですが、僕が住んでいる近くの百万遍の名付け親は後醍醐天皇だったそうです。知恩寺の駒札に書いてあるのを見た事があります。あと、堀川今出川の和菓子屋の前には、足利尊氏の家臣でありながら、婆沙羅の代表的な人物で、観応の擾乱のきっかけになった高師直の屋敷だったと言われる駒札があります。ちなみに足利尊氏だったと言われる、ざんばら髪の画像は、実は師直その人だと言う説が有力だそうです。それでは今回の放送を楽しみにしています。

投稿者 佐々木尚志  2008年11月21日 22:15


佐々木さま、こんにちは。時代MAP編集部の山脇と申します。JIDAIMAP MEETINGをお聞きいただき、ありがとうございます。百万遍の地名、すごく印象的な名前なので、どんな由来があるのかと興味津々でしたが、かの個性あふれる後醍醐天皇が名付け親だったとは……。駒札、今度見に行ってみます!そして足利尊氏の画像…例の馬を駆る鎧姿のものですよね?高師直説は面白いですよね。なぜそういわれている?のかも、興味津々――。ご存知でしたら、また教えてくださいね(^^)。

投稿者 時代MAP編集部 山脇  2008年11月28日 15:46


お久しぶりです。この間の日曜日にあった京都検定を締切日で急に受ける事にしたので、それから約1ヶ月間は全くこのサイトを見る余裕がありませんでした。ちなみに、今回の京都検定は大河ドラマの影響からか、幕末の問題が多数出題されると言う噂が結構多かったのですが、実際には全くと言えるほど出てきませんでした。それよりも、今年のノーベル賞を受賞した下村脩さんの事が出題されたのにはビックリしましたが、ニュースで答えを知っていたのでラッキーでした。ところで先日このブログで言っていた騎馬武者像の件ですが、高師直だと言っていたのには、少なくとも根拠が2つあると言われています。1つは足利家の紋所が丸に二つ引き両ですが、騎馬武者像には輪違いの紋所しかない点です。もう一つの根拠は騎馬武者像の全体を見ると、実は本体の頭上に二代将軍である足利義詮の花押があるのです。当時の考え方でも、初代将軍である足利尊氏の頭上に息子である足利義詮の花押があるのは父親に対する不敬だと思います。そこで一つ疑問に思ったのが、先ほど言った輪違いの紋所ですが、この家紋は高家の家紋であって、高師直だけの家紋ではないはずです。そこで改めて調べてみると、新たに判ったのが、実は高師直には実子とも養子とも言われている高師詮という人物がいまして、この人は足利義詮のために合戦中に馬上で切腹したと言われています。もし騎馬武者像の頭上にある花押が足利尊氏のものであったなら、観応の擾乱で騙し討ちに遭った高師直でもおかしくないのでしょうが、足利義詮の花押なので、それだけでも高師直ではなく高師詮だと考えた方が妥当だと思えてきました。いずれにしても、こういう肖像画には人物名が書かれていないせいか、言い伝えだけを根拠としてるせいか、他にも源頼朝や武田信玄など今まで普通に信じられていた肖像画も、実は違う人物ではないかと数年前ぐらいから言われているそうで、これらの肖像画がテレビなどで紹介される場合にも、伝源頼朝とか伝武田信玄といった表記がされる場合があり、教科書では紹介されない場合もあるそうで、他に同じ史実でも今まで十年間位で全く解釈が変わっていたりするので、今の教科書を読んでみるのも面白いと思います。ところで丁度ジダイマップミーティングの放送を聴きながら書いていたのですが、いつ聴いても肝心な史実は必ず伝えてくれるので、安心して聴けます。それでは来週の放送も楽しみにしています。

投稿者 佐々木尚志  2008年12月20日 01:22


佐々木さまご無沙汰しております。京都検定、お疲れ様でした!

続・騎馬武者像の話ありがとうございました。かなり深いお話で説得力があり…ありがとうございました!
肖像画が違う人物説は、興味深いですよね。たしかに戦国時代、常に敵に狙われている状況では、ありえる話だと思います。最近の学校教科書、一度読んでみようかと思います。かなり変わってそうな気が・・・(^^;)月日の流れを感じそうで別の意味でちょっと怖いのですが(笑)

投稿者 時代MAP編集部 山脇  2009年01月23日 20:46


先日の放送で真田幸村もとい信繁の話が出ましたが、何故、いつ頃から幸村と言う名前が出てきたのかの前に、本名の信繁と言う諱が、祖父の幸隆から仕えていた武田信玄の弟である典厩信繁と全く同じ名乗りなのが、以前から気になっていましたが、どうも父親の昌幸が典厩信繁本人に許可を得て名付けたそうです。ただこれは決定的な裏付けが取れなかったので、参考程度に考えて下さい。そうすると何故この人物は真田幸村と呼ばれる様になったのかですが、寛文12年1672年に成立した難波戦記という書物に初めて見られるそうで、これに対して彼の徳川光圀が元禄14年1701年に編纂した西山遺事と言う書物に真田幸村は間違いだと言う意味の内容が書いてあるそうです。それよりももっとビックリしたのが、真田信繁の兄信之の子孫は大名として明治維新を迎えていましたが、なんと真田信繁の子孫も続いていたそうです。信繁に大助と言う子が居たのと、信繁自身が豊臣秀頼を助け出して薩摩に逃れたと言う伝説は知っていますが、信繁自身の子孫が居たのにはビックリしました。どういう事かと言うと、大坂夏の陣で真田信繁は討ち死にしましたが、何故か娘の一人が敵方の伊達政宗の重臣である片倉小十郎重綱に嫁いでいるのです。そして信繁の子も保護されて仙台真田家として末代まで続き、現在も真田徹という方が御当主だそうです。あと四国の讃岐に渡った四男の之親の子孫等も全国各地におられるそうです。それにしてもこういう武家の御子孫と言うだけで、羨ましいと思ってしまいます。まあ僕は何の根拠もなく佐々木四郎高綱や佐々木道誉の子孫なんかなあと勝手に妄想してしまいます。

投稿者 佐々木尚志  2009年03月01日 15:28


コメントありがとうございます。時代MAP編集部の有田です。いつもJIDAIMAPMEETINGをお聞きいただきありがとうございます。コメントを読ませていただき、こちらが勉強になることばかりです☆確かに、歴史上大活躍した人物の子孫となれば、それだけで誇らしい気持ちになりますよね。先祖をたどれば、どこかで大物人物とつながっているかもしれないですよね。そう考えると、“歴史のロマン”を感じずにはいられないです。今後とも『時代MAP』を宜しくお願いします!!(^o^)!!

投稿者 時代MAP編集部 有田  2009年03月05日 22:08


お久しぶりです。ブログへの投稿はしばらくなかったけど、その間も番組は毎週聴いていました。それで思う事が一つあるのですが、「竜馬と仲間達」シリーズに吉村寅太郎や桂小五郎、西郷隆盛なんかも入れて放送してほしかったのですが、今はやはり「誰が坂本竜馬と中岡慎太郎を暗殺したのか、そして黒幕は居たのか、居たとしたら誰なのか」といった内容が気になりますので、前にも放送されたかも知れませんが、この時期にはタイムリーな内容だと思いますので、ぜひお願いします。

606-8225 京都市左京区田中門前町18
佐々木尚志

投稿者 佐々木 尚志  2010年11月26日 15:35


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)