2008/07/11

7月・京都の町衆はキュウリを食べないって、ホント?(2008/7/11更新)

祇園祭もスタートし、本格的に京の町は暑く&熱くなってまいりました。10日はいよいよ山鉾巡行の一週間前、各山鉾町では、山鉾の組み立てがはじまりました。祇園祭にまつわる話で、地元京都の面白いものがあります。祇園祭が執り行われる7月中、京都の町衆の間では、“きゅうり”を食さないというしきたりがあります。
その理由は……八坂神社の神紋と、輪切りにした胡瓜の切り口の模様が似ているから。八坂神社の祭礼である祇園祭の間に胡瓜を食べることは、「恐れ多い」とされることかららしいのですが――。さて、真相や如何に???

さて、ウェブニュースより、熱い情報をもう一つ! 『源氏物語を歩く旅』で、インタビューにお応えくださった、篠田正活監督と、奥様の岩下志麻さんが「安曇野に相応しい理想の夫婦」に選ばれたそうです。当地のシンボルとして知られる「双体道祖神」(男女2人組みの道祖神)をモチーフにしたもので、仲睦まじいお2人が選ばれました。
篠田監督には『源氏物語を歩く旅』で、物語を通して男と女について、人間の存在についてなどを深く語っていただいてます。人を洞察されることに長けた監督のインタビューは、必見です。是非とも、お手にとって見てくださいませ。

時代MAP編集部 山脇純子

2008年07月11日 23:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/120

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)