2008/06/26

篤姫(あつひめ)の敬称 「御台所(みだいどころ)」の語源を探る(2008/6/26更新)

大河ドラマ「篤姫」、皆さん、見てらっしゃいますか?
ご存じの通り、同ドラマは、江戸期、幕末期の大奥が舞台。
篤姫が生きた時代を追体験するなら……
京都時代MAP~幕末維新編」、そして「東京時代MAP~大江戸編」を手にとってみてくださいね。

さて、ドラマでよく耳にする篤姫を指し示す敬称、
「御台所(みだいどころ)」「御台様(みだいさま)」には
「将軍の正室」という意味があります。

その語源をたどってみると、「清涼殿(せいりょうでん)」の一角にあった「御台盤所(みだいばんどころ)」にあるようです。
※清涼殿…平安宮内裏の殿舎のひとつで、天皇が日常生活を送った御殿。
京都時代MAP~平安京編」に平安宮内裏図を掲載していますので、ぜひチェックを。

台盤所とは「調理を行うスペース」で、「台盤」という食膳が置かれていたことから、台盤所と称されるようになったそうです。
さらに、今でいうところのキッチン、「台所」という言葉のルーツでもあるのです!
中世から江戸時代までは、主婦を「御台所」と称する風習もあったとか。
例えば、現代にこの言葉をリバイバルさせたとしたら……
職業:主婦ではなく、職業:御台所もあり?????
などと、あらぬ空想!?を膨らませたりして……。

閑話休題。
来年の大河ドラマは「天地人」。
戦国時代、上杉家に忠義を尽くした直江兼続(なおえかねつぐ)が主人公です。
既に、妻夫木聡(つまぶきさとし)さんが兼続役を演じることが決まっています。

直江兼続の兜(かぶと)がスゴイ! 「愛」という文字がデザインされているのです。
斬新なデザインに「おぉ~」という言葉を発すること請け合い。
ぜひこちらを見てください。

モノづくりに携わる編集者として……
心を打つ発想が大切だ!と痛感した次第です。


時代MAP編集室デスク  岩松 美歩

2008年06月26日 20:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jidaimap.jp/mt/mt-tb.cgi/116

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)