2008/06/26

篤姫(あつひめ)の敬称 「御台所(みだいどころ)」の語源を探る(2008/6/26更新)

大河ドラマ「篤姫」、皆さん、見てらっしゃいますか?
ご存じの通り、同ドラマは、江戸期、幕末期の大奥が舞台。
篤姫が生きた時代を追体験するなら……
京都時代MAP~幕末維新編」、そして「東京時代MAP~大江戸編」を手にとってみてくださいね。

さて、ドラマでよく耳にする篤姫を指し示す敬称、
「御台所(みだいどころ)」「御台様(みだいさま)」には
「将軍の正室」という意味があります。

その語源をたどってみると、「清涼殿(せいりょうでん)」の一角にあった「御台盤所(みだいばんどころ)」にあるようです。
※清涼殿…平安宮内裏の殿舎のひとつで、天皇が日常生活を送った御殿。
京都時代MAP~平安京編」に平安宮内裏図を掲載していますので、ぜひチェックを。

台盤所とは「調理を行うスペース」で、「台盤」という食膳が置かれていたことから、台盤所と称されるようになったそうです。
さらに、今でいうところのキッチン、「台所」という言葉のルーツでもあるのです!
中世から江戸時代までは、主婦を「御台所」と称する風習もあったとか。
例えば、現代にこの言葉をリバイバルさせたとしたら……
職業:主婦ではなく、職業:御台所もあり?????
などと、あらぬ空想!?を膨らませたりして……。

閑話休題。
来年の大河ドラマは「天地人」。
戦国時代、上杉家に忠義を尽くした直江兼続(なおえかねつぐ)が主人公です。
既に、妻夫木聡(つまぶきさとし)さんが兼続役を演じることが決まっています。

直江兼続の兜(かぶと)がスゴイ! 「愛」という文字がデザインされているのです。
斬新なデザインに「おぉ~」という言葉を発すること請け合い。
ぜひこちらを見てください。

モノづくりに携わる編集者として……
心を打つ発想が大切だ!と痛感した次第です。


時代MAP編集室デスク  岩松 美歩

20:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

ビビる大木さんと『京都時代MAP』、日テレ系「アナ☆パラ」で競演!(2008/6/20更新)

先日、速報でお伝えした日テレ系列「アナ☆パラ」の映像が編集部のもとに届きましたので、その模様を、早速みなさまにご報告いたします!

注目のゲストは、ご存知ビビる大木氏。白いジャケットと、緑のネクタイがなんとも言えずステキです。トークが進む中、毎回、ゲストさんがハマッっているアイテムを紹介するコーナーで『時代MAP』シリーズが登場!なんと……ビビる大木さんの「旅の必需品」!

>>ビビる大木さん
「(時代MAPを手に取り)京都の地図の本なんですけど、時代別にあるんですよ。幕末、平安京……安土桃山などあるのですが、現在の京都の地図と幕末当時の地図を、こうやって重ねると……」

>>アナウンサー
「(現代地図が)透かし紙になってるんですね!(驚)」

>>ビビる大木さん
「これが(紙に印刷された古地図)幕末当時の地図で、上に乗っかってくるのが現在の京都の地図。ペラペラめくるだけで、過去と現在を歩き比べられるんですよ。この建物にあの跡地があるんだなとか……」流石にビビるさん、時代MAPをものすごく分かりやすく紹介してくださってます。か、感動!

自他共に認める京都好きのビビるさんの密かな楽しみは、「幕末の史跡めぐり」。坂本龍馬や、新選組など、熱い男たちの足跡を辿るそうです。

>>ビビる大木さん
「この本が渋いのが…」 
幕末・維新編を手にし、ビビるさんの坂本龍馬のエピソード語りが始まります。
「坂本龍馬が暗殺されたときに、使いの者に軍鶏(しゃも)を飼いに行かせたんですよ。なんとその店が今も残っている。残念ながら、場所が移転しちゃってるんですけどね。(京と時代MAP幕末・維新編には)現在の場所と、幕末の位置がのっているから、跡地がめぐれるんですよ!」
さらに、
「一冊あるとぜんぶ(京都の歴史が詰まった)跡地めぐれる」との最大の褒め言葉が!
「渋い楽しみ方ですね!」と共演者のかたもノリノリのご様子でした。
さらに、共演者の方から「一人で楽しんでるのですか?」との質問が…
「一人ですよ!これがたまらんですよ!ほんとにたまらんです!」

編集部もたまらんです!こんなに愛して頂けるなんて、編集者冥利に尽きます。
今後も、さらに楽しんで頂ける本を作れるよう、褌を締めなおさねば!と一堂VTR確認後、静かに闘士を燃やすのでした。

ビビる大木さんと、時代MAPの競演は、前回速報でお伝えした「KING」(講談社)でもお楽しみいただけますので、是非ともチェックして下さいませ。


時代MAP編集部 山脇 純子

19:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/16

“日本男誌”こと、講談社『KING』に時代MAP登場!(2008/6/16更新)

講談社発行の男性向け月刊誌KINGで、時代MAPが紹介されました!掲載ページのタイトルはズバリ“「愚直なオレ」が復活する小旅行”(サブキャッチはやる気、まんまんに充電!)愚直=正直すぎる、馬鹿正直。う~ん、グッときますね。


↑コチラが表紙です。

内容は日常に疲れた男性の、自分自身をリセットするための小旅行。ビビる大木さん、佐野史郎さん、上地雄輔さんなど総勢9名の、個性的な男性たちの旅を紹介します。


↑ビビる大木さんの記事で時代MAP登場!


↑クローズアップ

時代MAPはあのお方!そう、ビビる大木さんです。ビビるさんのオススメは「幕末志士の足跡を追う京都のシナリオ」。がむしゃらに国を変えるために戦った、熱い男たちの足跡を辿る小旅行です。旅のナビゲーターが、ズバリ『京都時代MAP 幕末維新編』!京都の歴史に誘う旅の教科書としてご紹介いただきました。
ビビるさんのコメントもかっこいい!「時代の熱気が煮詰まった頭を打破してくれる」!
キュンときちゃいます(><)
とても面白く、読むと元気になれる特集。お疲れのかた、是非とも手にとって、パワーを充電してくださいませ。オススメです。

18:13 | コメント (0) | トラックバック (0)