2008/03/28

京都のあちこちで見かけた花便り(2008/3/28更新)

先週桜のほころび始めをお伝えしたと思いきや……、一週間たつともうあちこちで桜が開花!!


西本願寺南にある、興正寺の宿坊前の桜はすでに七分咲きになっていました。隣のしだれ桜は満開にはまだまだといった様子ですが、蕾が除々に膨らみ始めてます(^^)
ふと足元に目をやると、タンポポが!

周りをよくよく見渡せば、咲き初めているのは桜だけではなく、
西本願寺の堀川通沿いの花壇には様々な花が春の到来を伝えていました。

↑水仙 近づくと甘い香りが漂ってきました。


↑スノーフレーク 可憐な花が風で揺れるのを見ると心が和みます。

ついつい豪華な桜に目がいきがちですが、
色々と散策するとあちこちで春を発見できるはずです。
ぜひ探してみてくださいネ。

12:24 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

桜前線がやってきた!(2008/3/19更新)

日に日に、春の陽気になってきましたね。自転車を使っての、地元取材が楽しい時期がやってきました。ポカポカ陽気に誘われ、相棒の背に跨り市内を疾走!そんなワタクシ、山脇が街中で発見した今日の一枚。それはなんと……。

“桜“です!! 場所は京都国立博物館の南西角。一足早く桜の花がほころんでいました。
しかも、まもなく満開という景気のよさ。少し前は、梅の話題で盛り上がっていたのに。ちなみに桜の開花予報では、3月下旬から4月上旬にかけてが見頃。この調子では、少しシーズンが早まるかもしれませんね。
さて、桜を発見した国立博物館は、毎月の第2、第4土曜日が無料開放日。なんと今週末22日がその無料デーです!皆さん、一足早い桜を楽しみがてら、日本や東洋の古美術品、考古資料の名宝を堪能して、芸術の春を楽しんでみては如何でしょう?

余談ですが、博物館の入り口近くにあるこの石垣。これは豊臣秀吉が建立した、方広寺の遺跡ってご存知でしたか?かつて、この寺には座高19mもの大仏が鎮座していたのだとか。その大仏を納める建物(大仏殿)は、大阪城天守閣より大きかったそうです。詳しくは、『京都時代MAP 安土桃山編』をご参照下さい。さて、次回はいよいよ月末発売の『京都時代MAP 平安京編』に迫ります!乞うご期待下さい。

時代MAP編集部 山脇 純子

22:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

平安京の瓦を模した和菓子? 平安神宮で写真撮影中、近くの和菓子屋に立ち寄りました。(2008/03/13更新)

『京都時代MAP 平安京編』の制作も一息ついたころ、
時代MAPと平行して進めている書籍の制作で、平安神宮へ写真撮影に行ってきました。
平安神宮は平安遷都1千年記念に際して、平安京内裏の朝堂院を約8分の5の規模で再現した建物。拝殿は政治の中枢を担っていた大極殿を模して造られているとか。
祭神には、平安京遷都の立案者・桓武天皇と平安京最後の天皇・孝明天皇が祀られています。平安京にゆかり深い2人の天皇にあやかって、時代MAPが末永くご愛顧頂けるようお祈りしてきました。

それはさておき、撮影当日はちょうど観梅シーズンだったこともあり、神苑は大賑わい。
私田村もついでに梅見……コラコラ仕事中に(^^;)
さらに近くのお菓子屋「平安殿」に寄り道……

なんてサボっていた訳ではなく、一風変わったお菓子があるので、
ブログで皆さまにお伝えするべく立ち寄ったのです。

それがコレ、
同店の代表銘菓、「平安殿」です。

平安京の緑釉軒丸瓦(りょくゆうのきまるがわら)をイメージして作られているそう。
柚子餡の香りが爽やかで、さくさくの焼き皮がなんともいえない食感。美味でした。

中身はこんな感じ。

お菓子は店内でもいただけるそう。
ちょっと休憩するのにおすすめのスポットです。
良かったら行ってみてくださいね。


時代MAP編集部 田村 尚子

22:26 | コメント (0) | トラックバック (0)