2008/01/24

世界最長の長さを誇る御堂。「三十三間堂」へ取材に行ってきました!(2008/01/24更新)

先日、『京都時代MAP平安京編』の取材で、京都市東山区にある「三十三間堂」に行ってきました。

なぜ取材に行ったかと言うと、『京都時代MAP平安京編』で、院政を行っていた後白河上皇の邸宅兼、政治を執行する場所だった院御所、「法住寺殿」をフィーチャーするため。三十三間堂は、法住寺殿内に平安時代後期に、後白河上皇が平清盛に命じて、造営させた御堂だったそうです。

到着するやいなや、その御堂の長さに驚き!
南北120メートルもあるそうで、国内最長を誇ります。
ちょっとした、リレーができますね(^^)
この長さを利用して、桃山期頃には、御堂の端から端まで矢を放ち、的中率を競う「通し矢」という行事が行われていたそう。こんな行事が催されるなんて、いにしえ人にとっても、この御堂の長さは珍しいものだったのかも知れません。通し矢は現在、毎年正月に開催される「大的大会」として、今に伝えられています。

「三十三間堂」の名前についてですが、その由来は、正面の柱の間が33面もあることから名付けられたのだとか。数えてみると……なるほど!「33」ありました。
柱間が33面もあるなんて、御堂の中はどうなっているのかと、不思議に思うところですよね。よくテレビなどでも特別放映されているので、皆さんご存じかと思いますが、中には、1001体の千手観音像が祀られています。実際その御姿を目の当たりにすると、すごい迫力です。観音様は、千の手を持ち、その手でこの世に生きるものを救済してくれるのだそう。統合すると、ここには100万ほどの観音様の御手があるのですね。『京都時代MAP平安京編』の制作に追われ、猫の手も借りたい時代MAP編集部。「観音様の手をお借りできないでしょうか」とお尋ねしたくなるほどでした。しかし、少し無礼なお願いかと感じたので、「『京都時代MAP平安京編』が無事世に送り出せますように」とお祈り致しました;

『時代MAP平安京編』の全貌については、次回ブログでご紹介しますので、お楽しみに!!


時代MAP編集部 田村 尚子

22:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/17

京都タワーが雪化粧!?(2008/01/17更新)

正月休みが明けて、早くも約2週間が過ぎようとしていますね。
皆さま、普段のペースを取り戻した頃ではないでしょうか?
時代MAP編集部は、『京都時代MAP平安京編』を、3月に皆さまに見ていただけるよう、全力を注いで制作に取り組んでいます。楽しみにしていてくださいネ!

そんななか、京都では連日厳しい冷え込みが続き、「これからもっと寒くなるに違いない!」と思っていたら……今日は早朝からぼたん雪が降っていました!

京都タワーが白くかすむほどの降雪。
道行く人のほとんどがあまりの寒さに肩をすくめて歩き、傘の上にはほんのり雪が積もっていました。
黒いコートを着ている人は、コートが白と黒の水玉模様みたいになって、少しおしゃれ(^^)

今週末は三千院金閣寺などで、見事な雪景色が楽しめるかもしれませんね。
皆さま、足を運んでみてはいかがでしょう。でも、くれぐれも風邪をひかないようにしてくださいね。


めずらしい雪に、社内ではちょっとした撮影会が開かれていました。


時代MAP編集部 田村 尚子

21:12 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

初詣で“源氏物語お守り”入手!                      嵯峨嵐山で『京都時代MAP 平安京編』、完成祈願(2008/01/10更新)

新年あけましておめでとうございます。
皆さん年末年始はゆっくりお過ごしになられましたか?編集部では、『京都時代MAP 平安京編』(2008年3月発行予定)の制作が、この年末より、いよいよラストスパートを迎えました。そんな戦闘モード真っ只中に、訪れたお正月休み。ワタクシ山脇は、平安京編の無事完成を祈願し、嵐山嵯峨野の野宮神社に馳せ参じました。野宮神社は、嵐山の中心街から、少し外れた竹林にある神社。平安王朝文学の金字塔『源氏物語』ゆかりの古寺として有名デス。

さて、そんな神社で発見したものがコレ!

十二単の姫が描かれたなんともカワイイお守り……。
一目で心奪われ見ると、それはなんと“源氏物語旧蹟 御守“。開運招福・縁結びのご利益があるそうで、今年も皆さんと素敵なご縁で結ばれますように!とお祈りしつつ購入。


野宮神社へは、鬱蒼とした竹林の細道を歩いていきます

ちなみに『源氏物語』といえば、この2008年は、かの紫式部が『源氏物語』を執筆して千年目に当たるメモリアルイヤー! “源氏物語千年紀”を冠したイベントが目白押しだそう。モチロン『時代MAP 平安京編』でも、この『源氏物語』の記事を収録。ぜひともご期待下さいネ。
ちなみに紫式部といえば、後宮で藤原道長の娘彰子に仕えた女性。彼女が後宮で源氏物語を執筆したのは有名な話ですが、個人的に驚いたのは……。なんと後宮に出仕する以前から、紫式部は道長の家の隣に住んでいたこと!道長は式部のパトロンだった、式部は道長の愛人だった……など話題に事欠きませんが、もともと2人はご近所さん同士だったんですねえ。
歴史の真相にびっくりです。

さて、そんな歴史の真相・深層を探っていく時代MAPから、ビッグなお知らせを。編集部がお届けするメールマガジン『油小路上ル新聞』では、只今新春の「お年玉キャンペーン」を実施中。新規配信登録、すでにご登録の方も、アンケートにお答え頂くと、抽選で10名様にお好きな時代MAPを一冊プレゼントします!詳細はコチラから。それでは次回も、平安京編のホットなニュースをお届けしますね。 皆様にお楽しみ頂けるよう、編集部一同より一層頑張ります!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

時代MAP編集部 山脇 純子

21:17 | コメント (0) | トラックバック (0)