2007/10/26

あなたは「おにぎり」派?「おむすび」派?(2007/10/29更新)

コンビニの「おにぎり」「おむすび」ののぼりを見るたびに、
家でおにぎり(私は、おにぎり派)を作るたびに、頭によぎるクエスチョン。

「おにぎり」と「おむすび」のコトバの違いって一体?????

今からさかのぼること26年前。1981年に行われた「おにぎりとおむすびの呼び方」に関する調査(※1)によると、断然メジャーだったのは、「おにぎり」という呼称。対する「おむすび」を用いていたのは、一部の地域のみでした。この結果を前提として、以降の話題は、現在も一番普及しているであろう「おにぎり」で筆を進めることにします。


↑時代MAP編集室 山脇、行きつけの店の「おにぎり」

さて、おにぎりのルーツとなる「屯飯(とんじき)」が古代中国から日本へもたらされたのは、平安時代のころ。屯飯を『古語辞典(※2)』で調べてみると、「強飯(こわいい)を握りかためて、卵の形にしたもの……」と、あります。

強飯とは、食べて強くなるご飯!?ではなく、「甑(こしき:古代の蒸し器)で、米を蒸して作ったご飯」のこと。今と同じで、釜に水を入れて柔らかく炊いた米飯=「姫飯(ひめいい)」に比べると、固めのご飯だったことから強飯というわけです。とどのつまり、屯飯とは「蒸したご飯を握ったもの」で、主に宮廷や貴族の儀式で用いられていたそうなのです。

★ちなみに『京都時代MAP® 伝統と老舗編』では、儀式から発展した「京料理」を紹介しています。ぜひご覧ください!

時代は下って、平安時代後期。武士たちは、上述の姫飯を握った屯飯を携帯するようになり、さらに長い歴史を経て、江戸時代中期、屯飯は「握り飯」と称されるようになったのだとか。そこから「おにぎり」に発展した経緯は、残念ながらわかりませんが、握り飯に丁寧さを表す接頭語「お」をつけて「おにぎり」に至ったのではないでしょうか?

一方、「おにぎり」に対する「おむすび」ですが。室町時代初期、宮中に仕える女官たちが使っていた「女房詞(にょうぼうことば:御所詞とも)」の一つで、その言葉が広まったのは幕末期のこと。

なぜ、室町期の女房詞が幕末に普及したのか? はたまた、もとは卵形だったおにぎりがどのようにして三角、俵形、丸形といった形のバリエーションを得たのか? またしてもクエスチョンが出てきてしまいましたが、これらは宿題とさせてください。(いつになるかはわかりませんが!?)ホームワークが提出できる日を願って……。

時代MAP編集室デスク  岩松 美歩

-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----- *
※1 『食の文化フォーラム 日本の風土と食』(田村真八郎・石毛直道編 ドメス出版)内「オニギリの調査」より。先述の「呼び方」のほか、「三角?たわら形?など、オニギリのカタチ」「外側に塩をつける?といった塩の付け方」といったユニークな調査結果も掲載されています。興味のある人は、ぜひ。

※2 『旺文社 古語辞典 新版』(松村明・今泉忠義・守随憲治編 旺文社)より

22:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/22

デジタルで!立体で!タイムトリップマップが活躍中!   &歴史ギャグマンガ家 みなもと太郎先生の講演会に潜入!(2007/10/22更新)

「平城宮の広さは甲子園球場の約30倍!?」
「かつて正倉院は7つ以上あった!?」
ナニナニ…

上記したトピックは、前回のブログでご紹介した「正倉院展 美の邂逅(かいこう)」にて公開中。『奈良時代MAP 平城京編』に掲載している情報、プラス掲載しきれなかった新情報を追加した内容となっています。
そして、何といっても注目は、平城京地図、平城京模型写真、現代地図、現代衛星写真、全4つの地図のコラボレーション。Web上でめくるめく“時空旅行”が楽しめ、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。書籍からWebへ――。さまざまな可能性を秘めたタイムトリップマップ。今後の展開にご期待あれ!

さ・ら・に、“立体的な時空旅行”といえば、巨大タイムトリップマップ京都国際マンガミュージアムの企画展“マンガでよむ 第1巻「サムライKYOTO~戦国から幕末へ~」で展示されています。同展は11月11日まで行われていますので、まだ見ていないという方はぜひ!また、企画展に即したイベントも開かれており、先々週、マンガ家 みなもと太郎氏講演会「歴史ギャグのつくり方」を聴講して参りました。講演会は、みなもと先生のマンガ家デビューから現在までの歩みを、マンガの歴史に即して展開。マンガ家であるとともに、編集者としての目も持ち、数々の作品を生み出されてきた背景。また、「漫画は仕事であり、趣味でもある」という言葉からは、マンガへの想いがひしひしと伝わってきました。

じ、実はうちの編集長が先生の著名作『風雲児たち』※の大ファンでして、講演会終了後、時代MAP片手にご挨拶させて頂くことに!!
※幕末時代の歴史を追った歴史ギャグ漫画。ギャグ漫画でありながらも史実にそった内容で、第8回 手塚治虫文化賞特別賞を受賞。


↑真ん中がみなもと先生です。

ちゃっかり編集長宛にサインを頂きました。また、画業40周年パーティーを開かれた際の記念品。先生のお顔が入った金太郎飴まで頂戴しました。本当にありがとうございました!


↑みなもと先生の隠れた名作『ホモホモセブン』を吉田松陰が読むの図。

編集長に手渡したところ、「おお、ホモホモセブン!」と、満面の笑み!この『ホモホモセブン』は1970年『週刊少年マガジン』で連載されていました。が、「少し大人向けの内容だったため、読者層が合わず、連載途中で打ち切りに。実際は小学生に人気があったことが後々に分かってきた」――とは、講演会でお話されていたエピソード。編集長も「小学生の頃、毎週読むのを楽しみにしていたよ」と、懐かしそうに語っていました。真実は時がたってから、明らかになるものなのですね。歴史に通じるものがあるなあ……しみじみ。

現在、『風雲児たち』の続編である『風雲児たち 幕末編』がリイド社発刊『コミック乱』で連載中です。皆さん、ぜひ手に取ってみてください。

時代MAP編集部 田村尚子

17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/16

速報!! 「平城京タイムトリップマップ」がwebサイトに!   デジタルコンテンツになって新たな魅力を発見(2007/10/16更新)

大・大・大・大ニュ~スですっ!!
シリーズ第5弾 『奈良時代MAP』 の平城京タイムトリップマップが、大迫力のweb画像で楽しめます。今回タイムトリップマップを活用頂いたのは、NTT西日本様開設のwebサイト
「正倉院展 美の邂逅(かいこう)」


↑「正倉院展 美の邂逅」TOPです。サイト右側の「平城京を歩く」コーナーで時代MAPの地図が登場します。

秋深まる奈良の恒例イベント「第59回正倉院展」の開催に合わせ、期間限定で公開されます。普段間近に見ることができない正倉院の宝物を拡大したり、さまざまな角度で楽しんだり……光ブロードバンドならではのハイクオリティなコンテンツが満載です。さて、お楽しみの地図は、同サイト内の「平城京を歩く」というコーナーで登場。平城京エリアの①現代地図②平城京地図、さらに③衛星写真④平城京模型写真、以上4つの画像が、なんと4層のレイヤーになっているのです! ①~④までの地図が、簡単なマウス操作で自在に切り替えでき、平城京と現代の奈良を自由に往来することができちゃいます。

ちなみに画像を見た編集部の第一声は、「超・超かっちょいい~(><。)」期間は10月13日~11月30日の一ケ月間のみ。皆様、この限定タイムトリップマップをお見逃しなく! 私も早速、書籍とはまた一風違った趣き満載の時空旅行を楽しんできます!

時代MAP編集部 山脇純子

12:45 | コメント (0) | トラックバック (0)