2007/06/28

雨の京の楽しみ~妙心寺で愛でた沙羅双樹(サラソウジュ)の花~(2007/06/28更新)

こんにちは、時代MAP編集部の田村です!
先日、沙羅双樹が見られる寺があると聞き、
雨がしとしと降るなか、京都の右京区にある妙心寺へ行ってきました!
妙心寺は普段から静寂な空気漂う禅寺です。
その東の一画に書院造りの建物、東林院の一室から望む庭にありました!

 
これがあの平家物語の冒頭にも歌われた沙羅双樹の花です!
雨に濡れた庭の苔の上に落ちた沙羅の花が綺麗でした。
雨の似合う花はあじさいだけだと思っていましたが、沙羅の花もまた似合うんです。
受付の方に伺うと、6月中旬から下旬の雨降る日が一番美しく鑑賞できるそう。
雨の京の楽しみの一つになりそうです。

がしかし!
実はこの沙羅双樹、夏椿(ナツツバキ)と言って
お釈迦様の死後に花を咲かせたと伝えられる沙羅双樹とは違うそうです!
もともと沙羅双樹は別名インド菩提樹と言い、主にインドで生え、
日本では温室でしか育たないそうで、そこでも花を咲かせるのは難しいようです。
では何故夏椿が沙羅双樹となったのか?
その由来には、とある僧が日本にも沙羅の木があるはずだと探し、
夏椿を沙羅双樹だと勘違いし、それが広められたという説があります。
平家物語で詠まれている沙羅双樹はどうもこの夏椿らしいのです。
沙羅双樹が日本では夏椿だったなんて、本当に驚きました。

どちらの沙羅双樹の花も朝に咲き夕に散ってしまいます。
そのはかない姿に人間の一生を重ね、
平家物語では平家の隆盛と滅亡を表し、
お釈迦様は「今日なすべきことを明日に延ばさず、確かにすることがよき一日を生きる道である」と教えたと伝えられています。
この花には人々が思いを託したくなる魅力があるのかもしれませんね。しみじみ。

『京都時代MAP-伝統と老舗編-』制作も大詰めを迎え、バタバタとしておりますが、ほっと息抜きして心機一転できました。
以上、少し悟りを開いた田村がお送りしました。



↑東林院では毎年「沙羅の花を愛でる会」が開かれ、沙羅の花を模した和菓子とお抹茶がいただけます。

15:33 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/21

奈良の都は十条まであったんですか!!!?(2007/6/21更新)

こんにちは、時代MAP編集部の山脇です。
突然ですが、本日は皆さんに衝撃の事実をお伝えせねばなりません。
1週間前の新聞におどろくべき記事が。
「奈良平城京、実は十条まであった。(6月13日付・朝日新聞)」

「十条まであったんかい!!!!!(フォントサイズ100ptくらいの勢いで)」
時代MAP第五弾、『奈良時代MAP-平城京編-』の発行がこの4月の下旬。
そこからわずか2ヶ月も経たないうちのある意味タイムリーなニュース。
せめてあと4ヶ月早くに発見されてろよ十条!
と編集部一同思わずにはいられない出来事でした。
(奈良時代MAPの地図は九条まで。もちろん最新の研究資料を使ってます><)

編集長は、鷹揚とした(野望に満ちた?)笑みを浮かべ、
「次の機会に楽しい宿題ができたな~」と呟いたのでした。

ちなみに明治以降、平城京は九条までというのが定説で、都の全体像が塗り替えられるのはおよそ140年ぶりとのこと。
まったくもってどんぴしゃのタイミングです。
歴史の新たな事実が発見されたことは喜ばしいですけど、やっぱりどうしても「ああ~惜しかった!!!」と思わずにはいられないのでした。
でも、やっぱり「十条まであっ(ひつこい)」


↑東本願寺本堂より

さて、話はガラリと変わりますが(力技)、写真は奈良版に続く時代MAPシリーズ第六弾『京都時代MAP-伝統と老舗編-』の取材の際に取った一枚。
東本願寺の境内です。
わが社は東西本願寺の近くにあり、本願寺ご用達の老舗さんも多く廻らせて貰ってます。
そんな途中、フラッと立ち寄りました。
お香のいい匂に導かれるように、立派な木造の本堂内へ。
ヒンヤリした古い木の感触を足裏で楽しみつつ、広いお堂内を散策。梅雨時期の湿った風が堂内の柱を縫って吹きぬけ、とても心地よい時間を過ごすことができました。
今は参拝客も少ないけど、実は時期的にはとても良いのかもしれません。
ちなみに東西本願寺、両方とも現在お堂の大改築をしています。完成まで数年かかるようです。

以上、時代MAP編集部の山脇がお伝えしました。



西本願寺、堀川通りを挟んだ向かい側は仏壇仏具、お香などの老舗が並んでます。
少し昔、歩道の道幅は今の倍ほどもあり、格子の町家が沢山並んでたらしいです。
「バブル時期にビル建築がようさんできて、そのあとようさん店たたまはって、頑張ってる老舗もようさんあるけど、ずいぶん様変わりしました」。とある老舗さん談。
(※“ようさん”は“ぎょうさん”ともいい沢山という意味の京言葉です)

20:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

錦市場は祇園祭りの穴場スポット?(2007/06/15更新)

こんにちは!時代MAP編集部の田村です!
今日は歴史&幕末Fanには見逃せないニュースがあるのでご紹介したいと思います。

豊臣秀吉が建造した“御土居堀”研究の第一人者で、
『京都時代MAP-安土桃山編-』制作の際に大変お世話になった歴史地理研究学者、
中村武生先生が講談社のメールマガジンで連載を始められました。
タイトルは『本気で考える池田屋事件』
ここ数年幕末時代が映画やドラマで取り上げられ、池田屋事件も大きな注目を浴びました。
しかし驚くなかれこの事件、実は専門の歴史研究者はおらず、事実解明が遅れている事件の一つらしいのです。
内容はこの事件に秘められた謎を最新の研究成果をもとに検証し、解明しようというもの。
池田屋事件の見方ががらりと変わるかもしれない内容で、今後の展開がとても楽しみです。
皆さまもぜひご一読下さい。


さて、巷では「今年は空梅雨か?」と心配されていましたが、ついに京都も梅雨に突入しました!
雨に濡らされてしっとりした京都は普段よりも静かに感じます。
そんな中『京都時代MAP-伝統と老舗編-』の制作は進行しており、
今日も老舗取材で京の町へ…。


「らっしゃいらっしゃい!」
「活きがいいものそろってるよー!」

私がいるのは京都の台所、いつも活気に満ちている錦市場!!
活きの良い魚介類を売るお店が目立ち、湯葉や麩、京漬物といった京都ならではの食材に限らず、
文具や薬も売られていて、全部で123軒もお店があるそう。
どれもこれもおいしそうで思わず目移り、よだれが…。(失礼)

現地取材で仕入れた情報なのですが、
平日はほとんどのお店が夕方6時に閉店するこの錦市場、
7月14~16日の祇園祭の宵山に限っては夜店も開くそうです。
錦市場の品物のオークションやふるまい酒といったものから金魚すくいまでさまざまな催しがあり、
昼とは違った賑わいになるそう。
京都を代表する祭りの一つである祇園祭を更に楽しめる穴場スポットを発見し、得した気分です。
皆さまも是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

以上、食欲旺盛な田村がお届けしました。


↑平日の昼間だというのにお客さんで賑わっていました。皆さん何を買われるのかしら?

14:24 | コメント (0) | トラックバック (0)