2006/11/17

お待たせしました~目次ダイジェストその2~(2006/11/17更新)

みなさん、こんにちは。
今回より、ブログ担当に任命されました私、吉村がお伝えします。
前回の書き込みより、早2ヶ月あまり。
「京都観光・文化時代MAP」の発売に向けて、最終の追い込みでドタバタしているうちに、あっという間に時間だけが経ってしまいました…。無事に店頭に並んでいるのを見たときは、制作スタッフ一同「ほッ」と胸を撫で下ろしたものです。
時代MAPシリーズも、「京都観光・文化時代MAP」で4作目となりました。今回の刊行にあたっては11月12日の京都新聞・読書欄や11月15日の日本経済新聞・エンジョイ読書欄でご紹介いただき(詳しくは時代MAPwebで)、ほかにもいろいろと取り上げていただいて嬉しいばかりです。実は、ご紹介いただいた記事は、クリッピングし、大切にとってあるのです。

では、遅くなりましたが、二つ目の読み物、「幕末・維新への時空旅行」の中身をちらっとお届けします。

ペリー来航、そうあの黒船がきてから、京都の街は怒涛の勢いで時代が流れていきます。目次も、池田屋騒動、禁門の変、龍馬暗殺とただならぬ雰囲気。その中でも最も気になるのが龍馬暗殺ですね。事件があった日の、龍馬の謎の行動。中岡の手紙。そして、真犯人。ナゼ、どうして、誰なんだ~!?と叫びたくなる(?)要素満載です。
そして、ちょっと話はずれるのですが、私、今回初めて目にしたものがありました。
それは、徳川家最後の将軍、慶喜のお顔です。教科書などで遠目の写真を見たような記憶はあるのですが、こんなにハンサムとは思いませんでしたね。気になる方は、書店へGO!

季節もここ最近、一気に冷え込んできて、京都の山々も赤や黄色にきれいに染まっています。みなさんも、是非、時代MAP片手に観光に来てください。

では、また来週お会いしましょう。
以上、編集部制作スタッフ吉村がお伝えしました。

21:46 | コメント (0) | トラックバック (0)